アルバイト

【誰でもできる】アルバイトの仕事が覚えられないを解決する原因と6つの方法

悩むキツネ

新しくアルバイトを始めたんだけど、

仕事が覚えれなくて….

このように悩んでいる方に記事を書いています。

仕事が全然覚えられずにいると怒られてしまうのではないかと不安になってしまいますよね.。

この記事を読むことで、

  • 仕事が覚えられない理由
  • 仕事を覚えるコツ
  • 仕事が覚えれなくて怒られないようにする方法

をご紹介します!

なぜ仕事が覚えられないのか?

覚えられないのには何かしらの原因があります。

まずはその原因を明確にしましょう

メモをしない

メモをするのはちょっと恥ずかしいな..と思うかもしれません。

私も最初はそうでした。

ですが、同じことを何度も聞くよりかは

分かったと思い込んでいるだけで、覚えきれていません。

頭の回転が悪い

記憶力の問題ですね。

これは生まれつきのことなのですぐに直すことはできません。

やっぱり頭の回転が速い方は自分の頭の中で仕事内容を分かりやすく整理ができます。

ですが反対に、頭の回転が遅い方はたくさん言われるとそのまま覚えようとするので、記憶できないのも仕方がないことです。

覚えることが多すぎる

単に仕事量の問題です。

仕事が覚えられないつらい…と思っている方。

話しかけやすそうな同年代のスタッフに

「仕事はすぐ覚えれましたか?」と話しかけみてください!

そうすると、私も最初は全く覚えれなかったよ!とだいたいの方は言ってくれるので、少しこころの安定剤になります(笑)」

教えてくれる人の説明が下手

説明がうまい人の説明ってすぐに頭に入るし、理解がしやすいんです。

その結果、言われたことを思い出しやすい、覚えやすいにつながり仕事の効率化につながります。

基本教えてくれる人は、仕事ができるベテランスタッフです。

たとえ仕事ができても、説明は下手という人はたくさんいます。

そのような人に当たってしまった場合は少し頑張らなければいけません。

向き不向き

人には向き不向きがあります。

もし今のアルバイトが初めてのアルバイトだったら、意外と他のバイトをしたら簡単に覚えられるかもしれません。

まだ続けられそうであるならば三か月ほど続けて、それでも厳しいのであるならば他のバイトも視野に入れてみるのも良いですね

出勤回数が少ない

数回行っただけで、覚えれないと心配する必要はありません。

何10時間とこなしていけば覚えられるようになります。

また、週に一回などと日の空いた出勤を続けているのも、次出勤するころには仕事内容を忘れてしまいやすいので、最初はできるだけ感覚を空けない出勤を心がけると良いです。

覚えるためのコツとは?

言われたことをメモする

めんどくさいかもしれませんがやりましょう。

このメモをすることでメリットは好きなタイミングで振り返れることや、何度も同じことを聞かなくてよいところです。

メモをするときに注意してほしいこと
  • 丁寧に書きすぎない
  • メモ持ち込み禁止もあるよ
  • メモする暇もなく体で覚える仕事もあるから臨機応変に

丁寧に書きすぎない

丁寧に書くと振り返りがしやすいというメリットはありますが、

相手の時間を借りて教えてもらっている側です。丁寧に書くと相手の時間を奪ってしまうことや、メモを待ってくれない人はどんどん話していき、メモする暇も無くなってしまいます。

一語一句教えてもらったことは書かず、大事なところだけをメモするように心がけましょう。

メモしたものは帰宅後にまとめる

時間外労働….ですが仕方ありません..。

急いでメモをしているので、すごく見にくいと思います。

メモしたことはその日のうちにまとめましょう。翌日にやると忘れてしまっていることが多いです。

教えてもらったことの復習も込めてメモをまとめることは大事です。

メモしたけどわからなくなってしまったことなどはこの時にまとめておきましょう!

後日、手の空いた隙を狙って先輩スタッフに質問しましょう!

メモ帳持ち込み禁止もあるよ

飲食店が多いかな?衛生面にこだわっているところは、私物の持ち込みを禁止しているところもあります。

事前に持ち込みはOKか確認しておきましょう!

仕事によってはメモする時間もないかも

初のアルバイト先がそうでした。

回転寿司だったのですが、「書いて覚えるより体で覚えろ」という感じです。ほんとうに忙しすぎて書いている暇は一切ありませんでした。

メニューや商品名を覚える

商品をと名前が一致するだけで、最初の作業効率はぐーーんと上がります。

接客用語の勉強

接客業の方向けです。

あなたが仕事が覚えれないというのは、仕事内容ですか?

それとも接客を苦手としていますか?

前者であるならば接客用語はいつも通りやってもらって結構です。

ですが、接客をして接客用語が出てこないという方は覚える必要があります。

お客さんとして利用する

もし自分のバイト先を利用したことない!という方は利用しましょう。

また利用したことはあるけど、バイト始めてからは一度もないという方もおすすめです。

いつもはただのお客さんとしてきていましたが、いまは1人の従業員です。お店の見方がずいぶん変わってきます。

入社早々従業員割引かよ…と思われそうですが、そんなことは心配しなくてよいです。

利用したときに、スタッフの動きや商品を不快に思わ得ない程度に観察しましょう。

【アルバイト 接客用語】で調べると高頻出の接客用語が出てくるのでまずはそれを覚えましょう!

それでも無理であるのならば…

30分前にきて先輩の仕事を観察

有名なブロガー(マナブさん)という方がやっていたお話です。

出勤時間より何十分も前に出勤して、他の先輩スタッフを観察してメモしている姿をみた先輩スタッフはあなたを怒れますか?という話です。

ただのアルバイトなのに、あんなに熱心に仕事を覚えようとしている新人スタッフの姿を見ます。

たとえ仕事ができなくても、熱心に頑張っている人は普通怒れません。

このように、とにかくやる気を見せることが大切です。

挨拶だけはピカイチを目指す

挨拶なら基本誰でもできます。

それを誰よりも良い挨拶を心がけましょう。

仕事はできないと思われていても、挨拶はできるんだな。やる気はあるんだな。と思われるのでおすすめです。

ただ、挨拶はひたすら大きい声でやればよいというわけではありません。

お店の雰囲気に合った挨拶を心がけましょう。

まとめ

仕事が覚えられない理由年以下のことがあげれます。

  • メモをしない
  • 頭の回転が悪い
  • 覚えることが多すぎる
  • 教える人の説明が下手
  • 向き不向き
  • 出勤回数が少ない

まずは原因を明確にしてそれを改善するいしましょう。

それでもできないのであるならば、

  • メモをする
  • 商品名を覚える
  • 接客用語の勉強
  • お客さんとして利用
  • 出勤時間の30分前から先輩スタッフを観察する
  • 挨拶だけはピカイチにする

自分に足りないものを取り入れていきましょう。

だれでも最初は苦労をします。仕事を覚えて慣れが来るまでは大変かもしれませんが、頑張りましょう!