アルバイト

【悲報】高校生のアルバイトは無駄。月100時間以上働き続けて後悔した理由。

悩むキツネ

僕、今月バイトで10万稼いだんだよ~!!

筆者

おー!頑張ったねー!!

でも高校生のアルバイトは正直無駄だよ。

悩むキツネ

え..どういうこと..?

高校生の皆さんはアルバイトをしていますか?

社会経験を積めるから~..接客ができるようになるから~とは聞きますが、正直そうは思いません。

この記事を読むとこんなことが分かります
  • 高校生のアルバイトが無駄な理由
  • アルバイトの代わりにすると良いこと

この記事を書いているのは….

  • 高校時代アルバイトで月15万稼いだ
  • 今アルバイトがいかに無駄だったかと感じている

そんな筆者がお伝えする記事です

高校生のアルバイトが無駄な理由

社会経験が詰めるなんてウソ

「アルバイトで社会経験を積みました。」

と就活で言っている人は、今までアルバイトしかしてこなくてその他に言うことがないセリフです。

アルバイトにやらせる仕事は簡単で誰でもできるような仕事が多いです。それをすることによって、社会経験が詰めると言っては甘いと思います。

アルバイトと社員がやる仕事は大きく違います。それにアルバイトといっても高校生のアルバイトです。そのアルバイトに対して何をやらせますか?

「高校生不可」の求人を出しているところもあるのに、その中で高校生まで求めているということは極度の人手不足でしょう。

「猫の手も借りたい」こんな状態です。

そしてそんな状態の職場に働きにって何が身に付くのでしょうか?

キツネ

接客スキルとか??

初歩的な接客スキルは身に付きますが、人手不足のところがが高校生にどこまでの接客レベルを求めると思いますか?厳しく接客を指導すれば高校生は簡単に辞めていきます。

キツネ

…じゃあ社会経験??

確かに、職場の雰囲気はわかり、1つの経験にはなります。

ですが、アルバイトは誰でもできるようなことなので、人生において役に立ったり自分のアピールになったりする経験は生まれません。

そしてさらに、その人手不足の所で働けば無理にシフトを入れられ、勉強がおろそかになり、、、と悪循環が生まれます。

学生が終われば40年くらい働き続けます。

学生でいられる時間はだいたい15年前後でしょう。

それに比べて就職して働かなければいけない期間は40年前後あります。

約2.5倍!!!!

学生長いな~とか学校だるいな~とか思っている方、

仕事をしなければいけない年になってしまうと、もっともっと長いんですよ…。

そのうえ、仕事は学校よりきついと言っている方が大半です。

なのに、今しかない学生生活をアルバイトの仕事をして時間をつぶしてしまうんですか..?すごくもったいないように私は思います。

悩むキツネ

40年も仕事をするのか…それにバイトって..

そんなに働きたくないよ!!!!

筆者

それじゃあ、アルバイトはやめるべきだね

悩むキツネ

じゃあ、アルバイトを辞めたら何をしたらいいの?お金も無いからなにもえきないよ…

アルバイトを辞めた後どうしたらいいの?

【お金が稼ぎたい方】ブログやプログラミング

これはすごくおすすめです。

アルバイトは確実に、すぐにお金が稼げることが最大のメリットです。

ですが、冒頭でもお話したようにアルバイトによるメリットは少ないです。

ですが、長期的にみると圧倒的にブログやプログラミングをするメリットが大きいです。

アルバイトの何倍も稼げるチャンスがある

就活でアルバイトの経験より圧倒的なアピールポイントとなる

好きな時間に好きなだけ働ける

トップ層になれれば何もしなくても収益が入る

ただ、ブログやプログラミングというのは稼げるまでに時間がかかります。

早ければ数か月で数万円を稼いでしまう人もいますが、それはごくわずか。

その短期間でものすごい努力をした人です。

ブログであれば一年ほど、プログラミングだと半年ほどの積み重ねが必要です。そこで、この時間がたくさんある学生の間にアルバイト以外の方法で稼げる準備をするのです。

学校や資格の勉強

今はやる意味が分からない勉強、ただ漠然と志望校に合格するための勉強をしている方が多いと思います。ですが、大半の大人は学生時代にもっと勉強しておけばよかったと思っています。

つまり、いまはなぜ勉強をさせられているのかわからない人が多いかもしれませんが、大人になると勉強の大切さというものが分かるのです。

どうしても、学校の勉強なんて意味がない気がするし、やる気が起きないという方は、なりたいものに直接つながるような資格の勉強してみてはいかがでしょうか?

今しかできない経験・挑戦をする

お金を使ってでも新しい経験をすることが大切です。

経験こそが原動力となります。何か自分の心を動かされるきっかけがあったからこそ人は動き出せると思うんです。

若いからこそできる、体力がある高校生だからこそできることはたくさんありあります。

とりあえず、やりたい、実は気になっているけど始める勇気がないというものから挑戦してみるべきです。

社会経験が必要ならインターンに参加する

冒頭で、「アルバイトでの社会経験は意味がない。」といいました。

もし社会経験がしたいというのであればインターンに参加しましょう。

アルバイトというのはマニュアル通りに働き、ただ単に収入を得る行為です。

ですがインターンというのは、専門的なスキルを得ることができて、責任のある仕事を任せられます。

アルバイトをしたい理由が社会経験をしたいという理由であるならば、インターンという選択を視野に入れてみるべきです。

例外:アルバイトをした方が良い人

挑戦するためのお金がない人

この記事を読んで、なにか挑戦しよう!!と思った方!

あなた

でもお金がないから、なにも始められないよ…。。

そんな方は、短期アルバイトをしましょう。

ただ、アルバイトを始める前に、

アルバイトの目的を明確にする

いくら必要なのか計算する

目標額を達成したらすぐ辞める

ポイントの3点はしっかり守るようにしましょう。

家計・学費のために

親からどうしても働いてほしい、家にお金を入れてほしいといわれているのであれば、仕方がありません。

ですが、月いくら家にお金を入れればいいのかということは親と相談をしたうえで明確にして、その金額以上は働かないことですね。

そのほかの時間は自分の勉強やスキルを身に着けることに専念しましょう。

ブログやプログラミングができるようになれればもっと楽に稼げるようになります。

まとめ

高校生のアルバイトはおすすめしません。

短期的にみれば、すぐにお金を手にすることができますが、長期的にみてアルバイトをし続けることのメリットはすごく少ないです。

高校生でアルバイトをするのであれば、アルバイトの目的を明確にして短期アルバイトにしましょう